1. 『精神医学ソーシャルワーク』(共著)1986年9月 岩崎学術出版社  
 第2章 p. 48-51、第6章 p. 130-145、 第7章 p.159-170

2. 『実践・問題行動教育大系14 青春期の薬物乱用』(共著)
 1991年1月  開隆堂  第6章 p.135-142

3. 『なぜ、わたしたちはダルクにいるのか』(共著)1991年1月
 ダルク編集委員会 partIV p.178-184

4. 『薬物乱用・依存の相談と治療』(共著)1994年3月 厚生科学研究  
 第3章 p.146-155

5. 『絶望から希望へ』(共著)1994年5月 薬物問題を考える会 p.34-47

6. 『アルコール・薬物依存症Q&A』(編・共著)1997年3月 
中央法規出版
 I p.8-9、p.36-39 II p.86-87、p.98-99、p.106-107、p.110-111、
 p.116-117、 III p.150-151、 IV p.156-157、p.178-179、p.182-185、
 p.192-193、p.204-209

7. 『保健・福祉・医療ハンドブック[相談援助活動事例編]』(共著)
 1997年3月 埼玉県生活福祉部社会福祉課 p.85-86、p.88-89

8. 『依存症(35人の物語)』(共編・著)1998年2月 中央法規出版
 p.107-111、P.223-239

9. 『中高生の薬物汚染』(共著)1998年7月 農山漁村文化協会 
 第6章 p.146-170

10. 『アルコーリズム』(なだいなだ著)1999年12月 朝日新聞社 
 解説 p.215-228

11. 『共依存−自己喪失の病−』(編・共著)2000年3月 中央法規出版 
 序章 p.7-14

12. 『ドラッグ・アディクション−回復へのガイドブック−』(共著)
 2001年3月 東京ダルク支援センター

13. 『性依存−その理解と回復−』(共編・著)2001年12月 
中央法規出版  第6節 p.77-92

14. 『薬物相談担当者のためのガイドブック』(共著)2002年3月 
埼玉県薬物乱用者アフターケア対策調整会議 III 変えてゆく勇気を…

15. 『新精神医学ソーシャルワーク』(共著)2002年10月 
 岩崎学術出版社 第8章 ソーシャルワーク援助における協働の課題

16. 『青春期の薬物乱用』(共著)2003年1月 開隆堂出版 
 第6章 p.133-142

17. 『よくわかる知的障害のある人たちの人権』(共著)2003年6月 
 日本知的障害者福祉協会 IV p.81

18. 『援助職援助論』(編・著)2009年9月 明石書店

19. 『アディクション看護』(共著) 2011年9月 メジカルフレンド社 第Ⅶ章アディクション看護の実際 8.性依存症 p.294-302

20. なだいなだ・吉岡隆 ≪治らない≫の意味 2013年2月 中央法規出版
 
 
1. 「活動」を通して見た松沢病院(単著)
 1974年9月岩崎学術出版社 「精神医療」Vol.4 No.1 p.17-31

2. Nさんをめぐる「つきあい論」(単著)1976年4月  岩崎学術出版社 「精神医療」Vol.5 No.1 p.65-75

3. 「専門性」をどうとらえるか(単著)1977年3月 
 精神医学ソーシャル・ワーク 第11巻 第17号 p.26-27

4. E君とのかかわりをめぐって(単著)1979年6月 
 上智大学臨床心理研究・第3巻 p.156-172

5. ソーシャルワーカーの立場性と専門性を考える(単著)1980年3月
 精神医学ソーシャル・ワーク 第13巻 第19号 p.39-44

6. PSWの資格認定について(単著)1987年2月 
やどかり出版「精神障害と社会復帰」Vol.6 No.3 p.76-78

7. Western States Unity Convention Vに参加して(単著)
1989年6月精神医学ソーシャル・ワーク Vol. 19 No.25 p.77-82

8. 薬物依存者が回復するために(単著)1989年7月 学事出版
「月刊生徒指導」7月号、p.20-25

9. 「否認」という名の始発駅(単著)1989年7月 臨床心理学研究
 Vol. 27 No.1 p.55-68

10. 女性依存症者の物語(単著)1992年1月 
 精神医学ソーシャル・ワーク No.29 p.62-68

11. セルフヘルプ・グループとの協同(単著)1994年9月 
 精神医学ソーシャル・ワーク No.33 p.144-152

12. 依存症(単著)1999年1月 学術普及誌「健康と環境」 
 第14号 P.499-503

13. 回復過程におけるセルフヘルプ・グループの有効性(単著)
 2001年9月 最新精神医学 Vol.6 No.5 p.441-448

14. 社会資源としてのアルコホーリクス・アノニマス(単著)2002年7月
 保健の科学44巻7月号 p.499-503

15. 性依存症-回復への道-(単著)2004年1月現代のエスプリ 
 No.438「性の相談」p.149-158

16. 対人援助職と共依存症(単著)2010年1月『月刊福祉』第93巻第3号P.38-41

17. 相談機関での取り組み(単著) 2010年4月 現代のエスプリ No.514「若18と薬物乱用」p.161-171

18

性依存症からの回復(単著)2016年10月 医学書院Brain and Nerve 第68巻 第10号 p.1187-1196


1. セルフヘルプ・グループ。季刊パテーマ、第4号、1982年10月
2. 心の窓をのぞいたら(1)。BOX-916 Vol.6 No.11、1988年5月
3. 心の窓をのぞいたら(2) BOX-916 Vol.7 No.1、1988年7月
4. 心の窓をのぞいたら(3) BOX-916 Vol.7 No.5、1988年11月
5. 心の窓をのぞいたら(4) BOX-916 Vol.7 No.9、1989年3月
6. 心の窓をのぞいたら(5) BOX-916 Vol.7 No.12、1989年6月
7. 心の窓をのぞいたら(6) BOX-916         1989年8月
8. 心の窓をのぞいたら(7) BOX-916         1989年12月
9. 心の窓をのぞいたら(8) BOX-916         1990年2月
10.心の窓をのぞいたら(9) BOX-916         1990年5月
11.心の窓をのぞいたら(10) BOX-916         1991年7月
12.あどばいす。月刊・波(日本てんかん協会)    1991年8月
13.心の窓をのぞいたら(11) BOX-916  1991年10月
14.第一のものは「私の回復」。アルコールシンドローム 
  No.32、1993年9月
15.ACのACとして。アルコールシンドローム増刊号 
  No.2 1993年12月
16.My Story。自費出版、1994年2月
17.無題。JIGSAW PUZZLE No.1、1995年7月
18.薬物依存と私。薬物依存症フォーラム記録集 茨城県
  1996年9月
19.心の窓をのぞいたら(12) BOX-916  1997年8月
20.人類みなAC?Be!48、1997年9月
21.嫌いな人のために祈る。SELFESTEEM No.2、1997年10月
22.プロフェッショナルってなんだろう?Be!50 1998年3月
23.贈物。SELFESTEEM No.5、1999年1月
24.怒りとセックス。SELFESTEEM No.6、1999年7月
25.仲間に助けられて−ナラノン10年の歩み−。 ナラノンG.S.O.
  1999年10月
26.旅の途中ですが。JIGSAW PUZZLE  No.11、2000年7月
27.共依存。精神科看護 Vol.27 No.11(通巻第98号)2000年10月
28.休養宣言。SELFESTEEM No.8、2000年11月
29.恨みが感謝に変わる? GRACE No.2、2001年12月
30.子どもと共に育てよう、「私のセルフエスティーム」。
  児童福祉研究 第36号 埼玉県児童福祉研究会、2002年3月
31.SAVE YOU SAVE ME 。 10周年記念誌  SA-JAPAN 2002年11月
32.THY WILL BE DONE  GRACE No.6, 2003年6月
33.セルフケアのすすめ(1)季刊児童養護 Vol.34 No.1 2003年8月
34.セルフケアのすすめ(2)季刊児童養護 Vol.34 No.2 2003年10月
35.当事者が集まるということ。オフィスサーブ 2003年11月 
36.90:4:0。ギャンブル依存症を考える  
  ワンデーポート 2004年5月
37.DOCK。DOCK―8人の物語―  ワンデーポート 2004年5月
38.セルフヘルプの力とは何か? Be!増刊号 No.13 2004年12月
39.援助しないという援助。(社)埼玉県医療社会事業協会西部ブロック
  2004年12月
40.提案は強要の後で。 ワンデーポート通信 
  第55号 2005年3月
41.性的問題行動を理解するために。更正保護 法務省保護局編
  2005年4月
42.気づきがあれば回復できる。NPO法人里親支援のアン基金プロジェクト
  2007年1月
43. 第4回ギャマノンの集い講演記録 2007年6月
44. 依存症からの回復 福音宣教 オリエンス宗教研究所 2009年10月
45. ギャマノン九段下グループ・ステップセミナー講演記録 2009年11月
46. 再生への道 自費出版 2012年3月